未婚の母が増えている理由

近年、女性が社会で活躍するようになりました。そのためひとりで生きていく独身女性が増えているといいます。それと同時にシングルマザーを選ぶ人も増えています。結婚をしないで未婚の母を選んだ理由というのが、どうやら経済的に安定しているからというだけではないようです。

まわりからは、子どもにとって母親も父親も両方必要だとか、片親だけだといつかは子どもがさみしい気持ちになるとか、いろいろと批判されることもあるそうです。しかし、相手に経済力がないとか、結婚する気にはなれない相手だという理由で、やむを得なくシングルの道を選ぶこともあります。シングルマザーだと、月に最大40000円程度の援助を受けることができます。2人3人と増えるたびに5000円づつ追加されていきます。こうした補助金があるためにシングルの道を選べるという人もいるようです。

補助金あれば、経済的に余裕をもって子育てをすることができますし、保育園に預けてバリバリ働くこともできます。そして、その地域によってさまざまなサポートを受けることができます。交通費が無料になったり、施設の利用が優遇されることもあり、お得な特典を受けることもできるようです。このようにシングルマザーが過ごしやすい環境があることも、母子家庭が増加している理由の一つです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ