でき婚に反対の親に認めてもらうには

20歳以上の男女は親の許しがなくても自由に結婚することができますが、結婚をする際には、双方の親にきちんと報告をすることが必要になります。親の中にはでき婚に反対する親もいますが、誠意を持って話すとわかってもらえます。でき婚に反対の親に認めてもらうには、お互いが深く愛し合っていることを誠意を持って双方の親に話すことが必要になります。特に男性の誠意ある態度がとても大切になります。男性は相手の女性を心から愛しており、生まれてくる子供のために、精一杯働くことを親にわかってもらうことが必要です。

結婚生活を送るためには愛情も大事ですが、現実問題としてお金もとても大事になります。男性は妻子を養うために、懸命になって働く覚悟が必要です。親は男性の覚悟を確認したいと思いますので、男性はとにかく誠意ある態度で粘り強く訴えることが必要になります。親にとって孫はとても可愛いものです。ほとんどの親は可愛い孫を望んでいますので、誠意を持って訴えるときっとわかってもらえます。最初は結婚に反対していても、孫が産まれると親はとても喜んでくれます。誠意は必ず伝わりますので、小細工をせずに、誠意を持って訴える姿勢が大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ