将来的に知っておきたい就学援助制度

小中学校での学校教育費は年々増加しています。就学にかかる費用は年々増加している傾向にありますが、経済状況の厳しい家庭はどんどん増えています。「義務教育なのに就学させることが厳しい家庭」も続々と出ているんです。そんな困っているご家庭に、就学における費用を援助してくれるという制度が、就学援助制度です。

就学援助制度の支給概要はその自治体によって変わってきますが、現在ではかなり待遇の良い制度となっていますね。学用品やその他を援助してくれるということで、利用者が年々増える中、年度の途中であっても申請に応じるように策が講じられています。雇用情勢が厳しい中、こういった制度があると就学児童がいる家庭でも安心です。ですが、利用者が増え続ける中でどこまでサポートしてもらえるのか、これから先まだまだ安定している制度だとは一概には言えませんね。

国から各市町村へ交付された支援金、自治体によっては予算カットを行っているところもあるようです。生活保護世帯やひとり親世帯など、審査の基盤となっている家庭以外にも、所得や生計によっては対象となる家庭が定められている中で、その基準はどんどん厳格化しているんですね。制限を厳しくしたところで、申請者はまだ増え続けているようなので利用しやすいのか利用しにくいのか…この制度の趣向はどういったものか理解しがたいところがあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ